高齢包茎で悩む山梨のおじさんTOP

高齢包茎で悩む一番の理由

+++---+++

一般的には若い人の方が剥けているかいないかを気にするのかもしれませんが、私の場合はそれが逆でした。若い頃は剥けていようがいまいがかまわなかったのに、年をとってきてから気になるようになったのです。 もちろん、女性に見せる機会は圧倒的に若い方があるでしょう。しかし、女性に見せるのは大きくなっている時だけですから、大きくなったときに先が出ていれば問題は無いのです。それが、年をとってからだと、見せる相手というか見られる相手が同性になり、見られる場所はトイレや風呂などになります。そのような場所では無防備な状態ですから、当然小さくなさけないものをさらすことになってしまいます。


年をとってからの方が、私も友人も時間ができたためにゴルフや温泉旅行の誘いが増えました。そうなるとつきものなのが風呂です。周りが同年代なら皆同じような状態だと開き直ればよいのかもしれませんが、一度自分の小さく皮をかぶった物が気になり始めるとどうしようもなくなってしまいました。今ごろ治療してどうするのかと言われそうですが、この先介護などを受けることになったら、恥ずかしい思いをしそうで我慢がならないのです。若い頃と違って夜の生活で頻繁に使わなくなった今の方が、返って治療には適していると考えました。それで、思い切ってクリニックを訪ねてみることにしたのです。

山中湖のワカサギ釣り

+++---+++

山中湖のワカサギ釣りをお勧めします。ワカサギというと氷に穴を開けて釣るのを想像するかもしれませんが、最近は湖面が全部凍ることが少なくなったので、残念ながら穴釣りのチャンスはほとんど無いのです。その代わり、貸しボートやドーム船に乗れば、禁漁の7、8月以外ならいつでも釣ることができます。


山中湖の周囲には貸しボートやドーム船、その他水上スポーツの専門店がたくさんあり、店によっては山中湖専用の仕掛けなどというのも置いています。でも、仕掛けに関して言えば、標準的なワカサギ用で十分釣れます。よく釣れるのは10月〜3月ごろですが、子どもや初心者には、寒い中のボート釣りはお勧めしません。釣りの楽しさがわかる前に寒さとトイレの不便さで嫌になってしまう可能性が高いので、ドーム船で釣ってみてください。小型のドーム船だとグループで貸し切ることもできますし、大型の物なら水洗トイレも付いています。ドーム船で釣る場合は、ボートで釣るときよりも短い竿が必要なので、その辺は注意が必要ですが、無ければ借りることもできますから、気軽に楽しむことができます。ワカサギは入れ食いで釣れるような魚ではありませんが、子どもでも釣ることができますから、子ども連れの家族やカップルで来ている人もたくさんいます。一度やってみて下さい。

包茎治療におけるベストな選択

+++---+++

どこで治療を受けるかパソコンで調べてみました。調べてみると、思っていたよりも沢山の人が治療を受けていて、しかも私と同年代や更に上の人も大勢受けているということがわかりました。若い人が受ける治療だと思っていたので、同年代以上が多いということを知りとても安心しました。 治療自体は、泌尿器科か包茎治療の専門院で受けることができるということがわかりました。いろいろな人の体験を見てみて、最初は近所の泌尿器科にでも聞いてみるかと気軽に考えていましたが、それは少し問題があると思うようになりました。というのも、近所の泌尿器科だと、近所のよく知っている人が診てもらいに来ている可能性が高く、こっちは気がつかなくても相手は気がついて、後々いろいろとあらぬうわさが立つということもあるからです。それに、泌尿器科は機能自体に問題がある場合は適しているようですが、見た目などを重視した治療はしてもらえないようです。なので、包茎治療専門のクリニックを探すことにしました。


場所としては、県内よりも東京まで行った方がよい医者がいそうだったので、東京方面で探すことにしました。何カ所かよさそうなクリニックが見つかったので、電話で問い合わていろいろと質問してみたところ、私の気になる点にきちんと答えてくれたのが東京駅前の本田ヒルズタワークリニックだけだったので、そこでカウンセリングの予約を取ることに決めました。


東京は不案内だったのですが、八重洲口から歩いてすぐのところだったので、当日は迷わず行くことができました。クリニックの扉を開けるまではとても緊張しましたが、他の患者に会うことは無く、スタッフも全員男性だったので、気分的に楽になりました。院長自らカウンセリングと治療を担当してくれて、納得がいくまで説明をしてくれた後、治療を受けることになりました。切らないで治るレベルだったので、治療自体もあっという間に済みましたが、このような治療がきちんとできる腕を持った人は、日本国内に数えるほどしかいないと聞き、本当にラッキーだったと思いました。


もちろん、治療にはお金がかかりましたし、もっと安い金額を提示してくるクリニックもあったと思います。でも、このようなデリケートな治療は、医師の腕を重視するべきでしょう。残り多いとは言えない人生を悩んだまま過ごすのは、あまりにももったいないと思います。もし、私と同じような悩みを抱えている人がいるとしたら、ぜひ、本田院長のカウンセリングだけでも受けてみたらいかがですかと言いたいです。

本田ヒルズ 東京駅前院について

+++---+++

本田ヒルズ 東京駅前院

総院長:本田昌毅
住所: 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-10 今井ビル4階A号室
電話: 0120-84-0836
「東京駅八重洲北口」徒歩2分。
カラオケBIGECHO向かい。


高齢包茎の治療はこちらから